↓↓最強のロジックとSEOツールで武装する傑作教材!!
LUREA

 

ネットビジネス大百科でわかる“売る”ためにすべきこと


marketingアフィリエイト参入人口は2年前の倍近くまで増えているそうです。ライバルが多いWEB市場で勝ち残るためには…。。これは個人参入が増えてきた現在で他人ごとではありません!マーケティングを軽視してはいけない状況ですから改めて売るために重要なことを考えてみましょう。

情報コンテンツのビジネスモデルは現在破竹の勢いです。

過去のようにPDF教材だけでなくWEBツール販売も常識化し、
購入者層もおおきな広がりを見せていますよね。。

ここでのポイントは個人参入が非常に多いことです。

◆先行投資が圧倒的に少なくてすむ
◆在庫が必要とならないデジタルコンテンツが中心
◆販売者だけでなく広報宣伝(アフィリエイト)分野でも稼げる

もはや言うまでもない部分です。
第一級のアフィリエイターさんやインフォプレナーさんであれば、
そこらの専門業者よりもよっぽど詳しいWEB知識がありますしね。

ですが、多くの“稼ぐ”方々のお話を聞くと
『技術的な知識なんて二の次で考えていますよ!』
と口を揃えておっしゃいます。

では第一に考えていることとは?
それはズバリ『お客さんの心理をどのように揺さぶって掴むか』
という部分に集約されるというわけです。

基本的に販売者は個人・企業問わず、常にそのようなことを考えていますよね?
他の販売者・メーカーにないメリットを出さないことには買う理由がないからです。

販売者・アフィリエイター問わず、
自分から買う理由を作らないことには強豪揃いの中で勝てないわけです。

つまり、数多くのWEB知識や技術はその必要性が発生した際にでも充分掴めるから、
まずは原点である買う理由をどのように作り展開するのかが最も必要なわけです。

その買う理由を掴むためには『買う人』、
すなわちお客さんの需要や心理を調査して掴む事が重要になります。

それがイコール
マーケティングです。

マーケティングの図式を確立させるために

現状でアフィリエイターの9割以上はまったく稼げないというお話があります。

教材に書いてあることを言われたとおりにやっても全然ダメ…
こんな経験のある方も多数いらっしゃるかもしれません。

ですが単純に考えれば、市場を知らずにモノを売っても売れないのは当然ですね。
砂漠でアツアツのおでんを売っても誰も見向きもしないです。

ですが、ネットでのマーケティングでは
キーワードで売り場を指定することが可能になります。

同じおでんでも砂漠ではなく極寒の土地で売れば販売数は伸びますよね。

あるいは同じ砂漠でも
『おでんを食べることで塩分と栄養の補給になります!』
という話のもっていき方で販売数が変わる可能性があります。

他にも店主がユニークで面白く、毎回楽しい話が聞ける。
こんな客からすれば本来の目的とは違う部分でも価値が発揮される場合もあります。

これらは

◆顧客の要望で商品価値のアピールをどのような方向にするのか
◆販売者(広告者)の存在価値をどのように訴求させるか
◆思わず惹きこまれてしまい知らない間にファンになってしまう

というマーケティングの基本を知って成立するわけです。

調査なしに、ただ闇雲に『ブログ作ったぞ!』『情報起業したぞ!』だけで
第一線のレベルにはなかなか行けないのはわかりますよね。

顧客の心理を知りコントロールする

ではネットビジネスでのマーケティングとはどのようなものを指すのか。

実は単純です。
買い手側の目線に立つこと。すなわち『自分だったらこのアピールで買うか』です。
そして、その上で購入させられなかった場合に次に繋げる伏線を敷けるかです。

しかし単純と言いましたが単純だから難しい部分です。
そのため、総合的に順序を作って見込み客との親和を図ることが大切となります。
いわゆるブランディングです。

例えばヤクルトの販売員には『最初の訪問で絶対に売るな!』という
マニュアルがあります。

お試しサービスでプレゼントして世間話で顔をアピールし、
次回以降に段階を踏んで購入を促すという流れは現代ビジネスの常識化しています。

『えっタダでくれるの?良い人だし申し訳ないなあ…じゃあ1ヶ月だけ…』

はい。商品価値はもちろんですが、売り手の存在価値が後押ししていますよね。
これって最近のネットビジネス手法でも当然のようにおこなわれていませんか?

これらの段階手法マーケティングや心を動かすコピーライティング、
ネットビジネスではもはやこれなしで勝てない時代です。

販売(顧客)目線に立ち、どのように売るか…
この部分を科学的に徹底検証し、顧客心理を分析してコントロールする手法が
ネットビジネス大百科というわけです。

最終的には人同士。
当たり前のやり取りだからこそ難しい部分です。

これを攻略できればネットビジネスへの考え方が180度変わり売上が倍増します!

第一線の“稼ぐ”人達が必ず持っている教材『ネットビジネス大百科』で
言われたとおりではなく、自分で『こうやったらイケんじゃね?』という発想を
身につけて楽しみながら稼ぐ日がすぐ近くに訪れるはずですよ。

ネットビジネス大百科の実践レビューと“隼”豪華特典のご案内はこちらからネットビジネス大百科の実践レビュー

以上ネットビジネス大百科でわかる“売る”ためにすべきことでした。。

Facebook Comments

この記事はお役に立ちましたか?

いつも応援ありがとうございます。
もしお役に立ちましたら応援クリックをいただけますと励みになります^^

人気ブログランキングへ応援ありがとうございます!


【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も見ています♪

簡単に美しいホームページが作成できる!吉田デザインの名作【INFOPLATE】
INFOPLATEレビューと“隼”HAYABUSA豪華特典のご案内

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

ツイッターパーツ