↓↓最強のロジックとSEOツールで武装する傑作教材!!
LUREA

 

サイト・ブログはどのカラム設定が好ましい??


サイトやブログの製作でデザイン設定の基本になるカラム選択。カラムというのはサイドバー(メニュー)の表示レイアウト設定のことですね^^

カラム設定は目的に応じて適切に選ばなくてはなりませんので、それぞれが持つ意味と目的を考えてみましょう♪

 

多くのブログサービスや販売テンプレートではカラムが選べるようになっています。
まず『カラムって何?』って方のため確認をしておきましょう。。

カラムとは?

カラムとはもともと文字の位置やデータの存在を意味するIT用語ですが、
最近はテンプレートのレイアウトを示す用語としてのほうが馴染み深くなっています。
“コンテンツを表示するレイアウト分割を指す”
と認識してもらえればわかりやすいですかね。

現在は

  • 1カラム
  • 2カラム左
  • 2カラム右
  • 3カラム

と大きく分けて4つのカラムパターンが存在します。
ひとつずつ確認してみましょう!

1カラムパターン

サイドメニューが一切存在しない下へ下へとスクロールが基本になるレイアウトです。
情報商材のセールスレターや、僕のレビューページなんかが1カラムですね。

セールスレターなんかがなぜこの手法なのか気になったことありません?
実はちゃんとした理由があるのです。

◆他のコンテンツに視点が散らないようにする
サイドバーに別の情報が存在するとサイト訪問者はついついそちらが気になります。
確実に売り込みたい!というときに別のページに移動されては販売誘導での
致命的な損失になります。

センターの内容に集中してもらってスクロールしきったところに決済リンクが存在!
という図式がセールス上最も購入心理を誘発しやすいのです。

あまりに多数のページが存在する場合、いったいメインの部分はどこなんだ?と
訪問者がストレスを感じ、サイトを閉じてしまうことを防ぐ効果も高いのです。

ブログなどでは更新がベースになり指定記事の呼び出しが必要コンテンツになるため
1カラムがほとんど存在しないという理由になります。

■1カラムは見せたい内容のみを
徹底的に読んでもらうためのカラム設定なのです。

2カラムパターン

2カラムはプロフィールやコンテンツ記事などをはめ込んで
幅広くページ数を増やす場合に使います。

そして、左と右のどちらにサイドバーをはめ込むかでも実は違いが発生します。
人間の視線移動が影響するのです。
人間は無意識に左から確認していくという習性があるからです。

例えば左側にサイドメニューが存在する場合、
訪問者はサイドメニューから確認していく傾向が強くなります。
プロフィールや記事カテゴリーなどのチェックを先にしやすくなるということですね。

つまり、左サイドメニューは
記事よりも管理者を認識させたい場合やカテゴリーの内容を
覚え込んで欲しい際に活用するのが適しています。

逆に右サイドメニューは
記事内容をメインにアピールしたい場合に利用します。
訪問者の視点移動上、サイドメニューを確認するのが最後になるので
まず記事を読んでもらいたい場合に利用するのがセオリーとも言われます。
同時に右上部分は最もクリック率が高いとも言われます。

重視したい記事が多数有り、サイトやブログの存在感を与える場合は左
特に押し出したい記事があり、リンクバナーのクリック誘導をしたい場合は右

あまり深く考える必要はありませんが、統計上こういう棲み分けが適しているようです。

3カラムパターン

このサイトもそうですが、左右にサイドメニューが存在するパターンです。
2カラムの左右のいいところを両方活かすパターンですね。。

ただし、いいことばかりではありません。

  • センタースペースが必然的に狭くなる
  • サイドメニューの量が少ない場合は適していない
  • ゴチャゴチャしやすくなる

といったデメリットも同様に多くなってしまいます。

しかしながら3カラムは
長期的に運営していくサイトやブログならばサイドメニューの存在i意義を
しっかり与えると同時に将来的に増えるメニューの分散を狙えます。

どのようなスタイルで運営していくことが目的かによって
選択するカラムはどれが適しているのかを判断することができますね^^

カラム設定は目的にあわせて

まとめると

◆1カラム
セールスレターやレビューなど、ひとつの内容に特化したサイト作成時に利用

◆2カラム
コーポレートサイト等の綺麗な構築に特化したサイトやブログ製作に利用
センターエリアが広いので見やすくスッキリした内容にしやすい。
左右どちらにサイドバー(メニュー)を設置するかは、コンテンツ種類の多さや
内容によってある程度判断するのが好ましい

◆3カラム
幅広いサイドメニュー項目の設置をおこなうサイトやブログ製作に利用
アフィリエイトバナー設置や他ページ誘導案内などのサイドメニューが
確認しやすく、サイトやブログの成長を組み込んでいける。


といった感じですかね。。
アフィリエイトサイトでも見た目が美しい2カラム製作のサイトが増えてきましたね♪

ですので必ずしもこの通りではありませんが、
サイト製作時の参考にしてもらえればと思います。

 

Facebook Comments

この記事はお役に立ちましたか?

いつも応援ありがとうございます。
もしお役に立ちましたら応援クリックをいただけますと励みになります^^

人気ブログランキングへ応援ありがとうございます!


【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も見ています♪

簡単に美しいホームページが作成できる!吉田デザインの名作【INFOPLATE】
INFOPLATEレビューと“隼”HAYABUSA豪華特典のご案内

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

ツイッターパーツ