↓↓最強のロジックとSEOツールで武装する傑作教材!!
LUREA

 

HTMLとCSS


HTMLとCSSサイト製作をする上で非常に重要なHTMLとCSSですが、これってそもそもなんなのか?ですよね~^^最近はこれらがまったくわからなくてもサイト製作は可能ですが、知らないとできないこともたくさんあります。。

 

さてさて、これらを紐解いていくと本当にキリがないので^^;
それぞれがなんなのか?ってところからお話しましょう♪

ものすごく単純にいうと
通常のサイト構成はHTMLとCSSの2点で成り立っている
ってことです。。

◆HTML
記録した内容をサイト上に表示させるための構文です。
サイトでの内容レイアウトをタグという指定形式でくくり、
どこに何を表示させるのかを決めるものということです。
つまり、
HTMLがサイト内容の根幹であるともいえますね^^

◆CSS
HTMLに反映させるための基本装飾レイアウトです。
ちょっと難しいですね。。
簡単に言うと『サイトデザイン』です。家でいうところの設計図ですね。
デザインがホームページによって異なるのはこの部分のためですね。
使用するレイアウトや枠のデザインはここからHTMLに反映されます。
同様に文字の装飾内容などもCSSで設定してHTMLと連動するため
テンプレートによってHTMLのタグが変わるという現象が起こります。

サイト構成の実例

実際に見ていただいたほうが早いのでちょっとした実例ですが、
例えばこのレビューサイト↓
動画でわかるパソコン教室

これはホームページ製作ソフトで構築したものではありません。
僕のレビューサイトは基本的に手打ち(HTMLとCSSを手作業でいじる)で
おこなっています。。

indexファイル
↑↑これはindexファイルというものでトップページにくるHTMLになります。

CSSスタイルシート
↑↑こちらはCSSですね^^よくスタイルシートなんて言い方もするみたいです。

HTMLサイト製作ではこれらを編集して作り上げていくわけですね。
もちろんホームページビルダーなどの製作ソフトがあればいちいち細かく
こんな呪文を一行ずつ編集していく必要はありませんが、

僕は慣れてしまってこっちのほうが楽なんですよ。。

また、編集ソフトをいじる場合でも最低限のHTMLとCSSの知識が要ります。
ビルダーの場合なんかまさにそうですね。
まったくそういった知識なく編集できるものもありますが、
『ここをこうしたいのに!』という場合は自力編集の知識と技術がないと厳しいです。

最近はワードプレスやムーバブルタイプのようにPHPという構文を使うものも
増えてきました。
まあブログなどに必須のプログラム言語なのですが、
いろんなアプローチでネットビジネスを展開する場合にはいずれ必要になる知識です。

HTMLやCSSを含むこれらは
使いこなすことができれば構築も可能になる
といえます。

つまり、使用するテンプレートで自在にサイト製作ができれば
次はテンプレートの製作等で技術職として商いが可能になるということです。

便利なツールが数々登場してネットビジネスは本当に便利になりました^^
でも、高いお金を出して買ったのにまったく使いこなせない!!
なんて本当に残念です。。

まずは慣れろ!ということが大切ですね。
↓↓そういった部分ではテンプレで学べます。

拡張性抜群の美しいサイトテンプレート

噛み砕いていえば、サイトができればバッチリIT業界に参入しています。
基礎の構造や関連する技術など場合によっては難解な部分はありますが、
一度コツをつかめば一気に理解度は進み技術はかなり身につきます。

メモ帖のみでサイトを作ることだって可能なんですからね^^
これって難しそうに見えるかもしれませんが実は単純だったりします。

HTMLのタグやCSSの組み立て、ネットの仕組みさえわかれば
大きな収益を上げることが可能になります。
理由はほとんどの人が知らないからです。

技術者として、IT産業で活躍する知識をすぐに身につけたいなら

プログラミングを効果的に吸収してIT起業を目指す

思ったより簡単なんですよ^^

ご紹介した各教材には隼からの特典をお付けします

詳細はこちらからご確認ください。

Facebook Comments

この記事はお役に立ちましたか?

いつも応援ありがとうございます。
もしお役に立ちましたら応援クリックをいただけますと励みになります^^

人気ブログランキングへ応援ありがとうございます!


【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も見ています♪

簡単に美しいホームページが作成できる!吉田デザインの名作【INFOPLATE】
INFOPLATEレビューと“隼”HAYABUSA豪華特典のご案内

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

ツイッターパーツ